節水タイプのトイレは地球温暖化防止にも貢献している?

オフィス移転では都心だからこそ徹底したい安全面

by admin - 12月 19th, 2011

都心へのオフィス移転を決定する前に、今一度考慮したいのがその安全面です。
立地条件もよく、利便性も高い都心のオフィスはとても人気があり、企業としてのステータスも上がりますが、都会であるからこそ安全面には気を配る必要があります。

信頼できる管理体制、セキュリティシステムの導入がされている建物かどうかを確認しなければいけません。
都心部ではオフィスへの侵入強盗の被害も増えています。
さらに、企業の財産は金銭や物品だけではありません。
企業が持っているデータを盗もうとする人間もいます。
ネット上のセキュリティを万全にしていても、実際にオフィスに侵入されたのでは目も当てられません。
建物そのものに24時間体制でコンピュータ監視システムが導入されているところを選ぶと安心でしょう。
さらに、いくら都心であっても周辺環境には気を配りたいものです。

ちょっと路地に入ったところにあるオフィスなどで、まったく人通りがないというような場所では、女性の従業員が残業して帰宅する際などにも危険です。
建物自体の安全は万全にしたつもりでも、従業員が危険に晒されては困ります。
あらゆる面からみた安全体制を考慮してオフィスを選定したいものです。

オフィス移転先の周辺環境を考慮

by admin - 12月 19th, 2011

都心へのオフィス移転において、さらに考慮したいのはオフィス周辺の環境です。
交通の便はばっちりだけれども最寄り駅からオフィスまではとんでもなく遠いとか、非常に入り組んだ裏路地で、人に説明しづらい場所であっては、逆に不便です。

取引先に不便を感じさせてしまうのは企業として最悪ですし、毎日通勤が必要な従業員への負担が大きくなることは、企業にとっても大きな損失へとつながる可能性があります。
また、場所がわかりづらいからということで、知らず知らずのうちに、新規のクライアントを逃したり、優秀な人材の採用を逃すことになっているかもしれません。
オフィス移転の候補地がいくつか挙がったら、実際に周囲を歩いてみるといいでしょう。

例えば、駅からの距離は許容範囲で、さほどわかりづらいということもなく難なく通えるという立地であったとしても、総務や経理の人間が銀行や郵便局へ行きづらい場所では困るでしょうし、従業員の中には昼休みに同僚と外でランチする人もいるはずです。
日々の業務を円滑にするためにも、そうした周辺の環境が重要となってきます。

オフィス移転では忘れてはならない賃料との兼ね合い

by admin - 12月 19th, 2011

都心へオフィス移転することで企業のステータスが上がり、従業員へも働きやすい環境を与え、さらには周囲へも大きなアピールができるとなれば、いいこと尽くしのように思えますよね。
しかし、そこで忘れてはならないのは賃料のことです。

当然のことながらオフィスを構えるためには賃料が要ります。
そして、都心であればあるほど、その賃料も高くなります。
だからこそ、「その賃料を支払えるだけの利益を出せる企業」という信頼が生まれるわけです。
オフィス環境を整えることで、確かに業績がアップする可能性も考えられますが、だからといっていくらなんでも急激には無理です。
そのため、あまりに背伸びをしすぎていい立地のオフィスを借りてしまうと、賃料に追われて企業の存続が危うくなってしまうことも考えられます。
そうなってしまっては元も子もありません。

また、立地だけはいいけれども、とんでもない建物であったり、今までよりもひどく狭いオフィスになってしまって余計に仕事がしづらくなったなどとなってしまうのも困りものです。
都心へのオフィス移転は理想ではありますが、賃料やオフィス環境への配慮などは決して忘れてはいけません。

オフィス移転でアクセスが良いという利点とは

by admin - 12月 19th, 2011

都心の真ん中にオフィスを構えるということは、企業のステータスを上げます。
それと同時に、オフィス移転においては、そのオフィスで働く人間のことを考えたものでなければなりません。
それは、仕事のしやすい環境を用意することで業績のアップにもつながることが考えられるからです。

例えば、通勤が困難な辺鄙な場所へオフィスを構えるのとアクセスに便利な都心にオフィスを構えるのでは、どちらがより従業員のためとなるでしょうか。
「郊外ならば空気もいいし、従業員のためだ」なんて思う人はまさかいませんよね。
サラリーマンにとって、通勤時間というのは非常にストレスの溜まる時間といえます。
会社までのアクセスがいいというだけで、ストレスは軽減されるはずです。
ストレスが軽減されれば働く意欲も高まるというものです。

また、アクセスがいい場所であるということは、取引先へも大きなアピールとなります。
お互いのオフィスを行き来する必要がある場合、あまり辺鄙な場所にオフィスを構えられては正直取引しづらいということにもなりかねません。

オフィス移転で都心に構える意味とは

by admin - 12月 19th, 2011

オフィス移転を考える場合、移転先の選定は慎重に行う必要がありますが、都心にすることと郊外にすることでは大きな違いがあります。
オフィスと都心にはどんな関連性があるのでしょうか。

まず、「都会にオフィスを構えている」というそれだけで、企業のステータスは上がります。
企業の所在地を見聞きしたときに、都心にオフィスがあるというだけで人が受ける印象が違います。
オフィスというのは企業の顔であり、取引先や世間の印象を左右させるものです。

「あんな都会の一等地にオフィスを構えるなんて、さすがだな」とか「あんないいところにオフィスがあるなら、業績もいいのだろうし信頼できそうだ」「あの都心にあるオフィスで是非私も働きたい」など、オフィスのある場所を聞くだけで、知らず知らずのうちになんとなくその企業へのいい印象を持つ人が多いのです。
オフィス移転の目的は企業によって違うでしょうが、業績アップや業務拡大を狙ってのことであるならば、そうした周囲からの印象もよく考えてみましょう。

トイレ交換をして新しくリフォームしよう!

by admin - 8月 12th, 2011

新築で家を建てても、20年位経つとリフォームが必要になってくると思います。
外壁や内壁、床等々の手入れはもちろん、キッチンやお風呂、トイレの水周りのリフォームも是非、行いものです。
特にトイレは、後回しされがちではありますが、家のリフォームのタイミングにぜひ新品に交換したいものです。せっかく家をリフォームしてもトイレが汚いとなんだかがっかりしてしてしまうものです。

しかし、一言でトイレと言ってもどうやって選んでいけばいいのでしょうか。
トイレは自分で簡単に交換出来る物ではありませんし、そうそう壊れる物ではありませんので、一度新しくすれば、また長年使い続ける事になるでしょう。
また、用を足す空間ではありますが、家の中で一番落ち着く場所と言う人も多いみたいです。そんな落ち着く空間を適当に選んで、後々後悔することになったら・・やはりトイレ交換ひとつについてもとことんこだわりものです。

しかしながら、人それぞれにこだわりがあると思いますし、メーカーによっても差が出て来ると思います。それに意外にもトイレにも流行があります。今はタンクレスの便器が主流になってきてるということです。面白いですね。
色々なメーカーを見て納得のいくトイレ交換をしたいものです。